SEO対策・ランキングアップ対策サービスの SEO対策ランキングアップ対策lab.NDS 《NDS SEO lab.》
  Yahoo.Google.Livesearch(MSN).汎用検索エンジン.ランキングサイトなどでの集客・アクセスアップを実現!! 無料〜で使える!!
   −.WEBサイト.ブログサイト.どちらも上位表示成果が大好評です−サイトオーナー・管理者・デザイナーの強い味方!−
ID : Pass : | 新規登録 |
Yahoo!検索対策状況
検索結果:Hit・上位UP
状況:Good!!
Google検索対策状況
検索結果:Hit・上位UP
状況:Good!!
LiveSearch検索対策状況
検索結果:Hit・上位UP
状況:Good!!
ランキングアップ対策状況
結果:ランキング上位UP
状況:Good!!
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
検索エンジン上位表示の4大要素
検索エンジンにおいて、上位に表示されるための4大要素をご存知ですか

1、 テキストマッチング
・・・これは、htmlページの中でキーワードが組み込まれている個数や場所などでサイトの優劣を判断するロジックです。
ただし、このテキストマッチング対策としてキーワードを意味もなく羅列するのは、意図的に不正に検索(表示)順位を上げるためのスパム行為とみなされてしまい、最悪は検索エンジンより削除されてしまう恐れがありますので、連続でキーワードを配置しないように注意して下さい。

2、 リンクポピュラリティ
・・・これは、他のサイトからのリンク数によってサイトの優劣を判断するロジックです。
簡単に言えば『他のサイトからそのページ(サイト)に対して、どれだけ多くリンクが貼られているか』または『リンクしているサイトはどれだけの価値があるか』といった視点からサイト(ページ)の重要性をランキングに反映しています。
これはサイトを訪れる方だけではなく、検索エンジンに対するアピールに繋がります。

3、 サイトテーマ
・・・これは、他のサイトからのリンクでサイトの業種やカテゴリを判断するロジックです。
検索エンジンが、このサイトは『何について書かれているのか』を判断してスコアリングに加点される仕組みです。
また、同じ業種やカテゴリに属するページからのリンクは、上位表示の対策として有効だとされています。


4、 ページボリューム
・・・これは、サイト内のページ数が多ければ多いほどコンテンツが充実していると判断するロジックです。
ページ数が多ければそれに応じてキーワードが増え、サイトを訪れた方に内容が豊富で充実しているとの印象を与えることが出来ます。
ただし、むやみにページ増やすのは整理されていないサイトというイメージを与えてしまい、逆効果です。
キーワードを意識しながら、わかりやすく見やすくページをまとめるのが大切です。
Powered by NDS IT-Cube © 2008-2010 The NDS SEO lab. Project | Design by PAGE design lab.
ページの先頭へ移動